top of page

お絵描き教室「コド」について

コドとは「子ども」のコドです。子どもを育てるには保護者も、親戚も、先生も、友達も、地域の大人たちも、

みんなで育てる必要があります。

​みんなの「も」がないと「コドモ」が育ちません。子ども達の成長を願って「コド」という教室名にしました。

コドは、

絵を描いたり、立体物を作成したり、子ども達それぞれの創造力を養います。

​1人1人に合わせた課題を作成し、それぞれの良さを伸ばしていきます。

表現技法などを学びながらもグループワークを行います。グループでのモノづくりは非認知能力を養います。

​作ったものを発表し、意見交換する事で、言葉にする力と聞く力を養います。

​芸術をツールとして、他者と繋がる教室です。

飛散したペイント

テーマは繋がり

■子ども同士の繋がり■

他学年との繋がりが、自身の成長へと繋がります。

コドではグループワークを中心としたカリキュラムを考えています。

年齢が違えば、考え方も異なります。グループとしての課題を設定し、役割分担を行います。

年上の子にはリーダーシップをとってもらい、他の子のサポートを行いながら全体を把握する力を養ってもらいます。年下の子は、自身に与えられた課題をこなしながら、先輩の背中を見て、今後のグループワークへと繋げていってもらいます。

■子どもと社会との繋がり■

・お祭りやフリーマーケットなどで商品の販売

・貸画廊を探しグループ展

・オリジナルのテーブルゲームの考案と提案

・工場見学や新商品の見本市などの見学 など

 

子ども達が課題を設定し地域社会に関われるようサポートします。

■​保護者との繋がり■

「父親ミーティング」

父親だけが集まり子育てについて話し合います。パパ友探しにもなります。

 

「お悩み相談会」

匿名で子どもに対する悩み事を書いてもらい、その問題1つ1つを参加者全員で話し合います。答えを出すのではなく、考え方や対応の仕方などの幅を広げていただきます。

 

「ワークショップ」

子どもだけがモノづくりするのではなく、保護者の方々にもモノづくりを楽しんでもらいます。1つのものを作り上げる事によって自尊心が芽生えるので、育児疲れなどを発散してポジティブな気持ちになってもらいます。

「親子鑑賞会」

美術館への遠足。作品鑑賞後みんなで意見交換会をします。子どもがどの作品が好きで、何故好きなのか。その作品に対し親はどのように感じたのか。作品を介して会話をしてもらいます。互いの視点を知る事で表現の幅が広がりますし、話し方や受け取り方の練習にもなります。

 

などなど。親も、子どもも、先生も。みんなで子ども達の未来を考えましょう!

講師紹介

宮本 拓也 ( たみ先生 )

Takuya Miyamoto

1986年生まれ。

資格 ・免許 :  保育士・中学校教諭1種免許(美術)・高等学校教諭1種免許(美術・工芸)

大学を卒業後、壁紙製造業で勤務しながらも自身のアート活動を行う。

2016年に長男が生まれた事をきっかけに、子どもにまつわる仕事がしたいと考えるようになる。

​2019年に長女が生まれ、2児のパパでもある。

もっと子どもの事が知りたいと思い、2023年に保育士資格を取得!

​ボランティアで、フリースクールに通う子ども達に対し、週に1度美術の授業経験あり。

そこでの経験を元にカリキュラム等を作成している。

​現在は、保育園に出張で絵画講師をしており、日々経験を積んでいる。

IMG_9230.jpg

コドでは、安心してご利用いただくため

定期的な換気と消毒を徹底しております

bottom of page