top of page

勉強しないと!!

最近、全くブログが書けていなかった宮本です。


池田市石橋にお絵描き教室コドが出来て7カ月が経ちました。

ここまで続けてこれているのは、通ってくれている子ども達とその親御様のおかげでございます。


そして、それをサポートしてくれている妻や子、そして親。

皆に支えられて、アートをツールに子ども達と携わるお仕事をさせて頂いております。


ホント感謝しかありません。


いろいろ授業を行っていると、たまに目的を見失う事があります。


あくまでもアートはツールとして子ども達に必要なリテラシーを育てるをコンセプトに始めたお絵描き教室でしたが、気がつけば様々なアートに触れさせて、アートを教えようとしている事があります。


子ども達にはいろんな物を見て、触って、いろいろモノづくりしてもらいたいので間違っているわけではないのですが、子ども達それぞれを見ないでアートの方ばかりに目が行っていたと、ふと気付く出来事があり、反省させられました。


もちろんそれを気づかせてくれたのは子ども達でした。


手段にこだわり過ぎるとどうしても、その枠組みにこだわってしまう事ってあると思うんです。


将棋の藤井壮太さんが幼いころ「モンテッソーリ教育」を受けていたという話をよく聞くのですが、ではモンテッソーリ教育を行う事で、それを学んだ全ての子ども達が能力アップするかと言われるとそうではないと思うのです。

子ども1人1人にあった育て方ってあると思うんです。


例えば、教育的体罰(げんこつやお尻叩きなど)は、脳に悪影響を及ぼすというエビデンスがありますが、僕らの30代の世代や、僕らより年上の方々、悪影響があったかと言われると、そうとも言える人も言えば、そうでない人ももちろんいるわけで、一概に教育的体罰が悪いとは言えないと思うのです。


もちろん体罰なしで教育するに越したことはありませんよ!

ただ、それがあったから今の自分に満足している人もいると思うのです。


そう思うと僕がしていた事は、手段ばかり気にして、目的を見失っていたような気もします。


アートは答えのないものなので、どうしても遊びのように捉えられがちですし、日本の教育では、まだ浸透しきれておらず、未だ不必要なものとして捉えられていると思います。


これからの時代、デザイン思考やアート思考などが必要でそのためにも基盤づくりとして必要なジャンルだと周知され始めているとしても、

いざ習い事をさせようとしたときに「そろばん」や「塾」などの勉強系の習い事か

身体作りの為のスポーツ系、頭に良いとされる音楽系、コミュニケーション能力向上のためのダンス系、などを通わせようとする方が多いのではないでしょうか。


ただ、答えのないジャンルだからこそ、子ども達1人1人に合わせていけるのだと思っております。


1人1人にあったアプローチで、それぞれの目標を設定し、少しずつ大きくなっていってもらえればと思っています。


そう思うと、いろいろ勉強しないですね。。。

保育士試験も受かっていないのに。。。笑






閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

体罰ってあり?なし?

こんにちは。 池田市石橋のお絵描き教室コドの宮本です。 コドでは毎月、僕の自己満でお手紙を書かせて頂いているのですが、その内容を今回も載せたいと思います。 今回は2021年11月に書いたものとなります。 「体罰ってあり?なし?」 僕が幼いころは、しつけの一環として、よくお尻を叩かれていました。 これも愛のムチとして、子どもをただすために行っていた事だとは思いますが、実は脳に悪影響を及ぼす可能性があ

小さな大人

こんにちは。 池田市石橋のお絵描き教室コドの宮本です。 コドでは毎月、僕の自己満でお手紙を書かせて頂いているのですが、その内容を今回も載せたいと思います。 今回は2021年9月に書いたものとなります。 「 小さな大人。 」 ヨーロッパでは17世紀ごろまで「こども」という概念はなかったそうです。 小さな大人として、6歳になれば働いてお酒を飲んでいたそうです。 さらに就学前の子達に関しては、動物と同様

嘘をつくべきか否か

こんにちは。 池田市石橋のお絵描き教室コドの宮本です。 コドでは毎月、僕の自己満でお手紙を書かせて頂いているのですが、その内容を今回も載せたいと思います。 今回は2021年8月に書いたものとなります。 「嘘をつくべきか否か。」 嘘つきな子どもにはなって欲しくない。そう思うのは普通だと思います。ではどのようにすれば嘘をつかない正直な子どもになるのでしょうか。 それは親が子どもに対して嘘を言わない事だ

Comments


コドでは、安心してご利用いただくため

定期的な換気と消毒を徹底しております

bottom of page